アニマルCBD研究会とは

日本国内におけるカンナビノイドの症例研究を行っております

アニマルCBD研究会は、小動物におけるカンナビノイドに関する研究を推進し、知識の交流を通じて日本の動物医療・福祉に寄与することを目的としています。

世界でも注目されヒトを対象とした研究が進むカンナビノイドについて、日本の小動物でも研究を進めていくために、研究者や獣医師を対象とした本研究会を2019年11月に発足しました。

現在では、日本国内でのカンナビノイドの研究者及び関心のある獣医療従事者と連携して、症例研究を行っております。カンナビノイドの基礎研究及び臨床研究に関心のある獣医師、動物看護師、トリマーなど動物医療・福祉に関わる方の入会を受付けています。

本会の趣意に賛同し、登録していただいた獣医師、AHT等の会員には以下を提供します。

  1. CBD製品の臨床利用実践獣医によるケース報告を始め、カンナビノイドに関する臨床上有用と考えられる情報をサイト上で公開
  2. アニマルCBD臨床実践セミナーのご案内
  3. 会員に対し高品質、オーガニック、無農薬、重金属無検出を保証した製品を会員特別価格で提供
  4. 症例モニター(別途お申込みが必要です)

日本におけるCBDオイルの臨床的利用を進めていくためには会員同士の臨床知見の交流が何よりも重要と私たちは考えます。使用症例につきまして有効無効を問わず当会事務局までご報告ください。実際に使用した獣医の先生方のちょっとした所見が他の獣医の先生方の大きなヒントにもなります。是非ともご協力をお願い申し上げます。

ご挨拶

ヤマザキ動物看護大学 動物看護学部 准教授
茂木 千恵 博士(獣医学)

CBD研究は、国内では2018年6月に初めてヤマザキ動物看護大学の倫理審査委員会の承認を得て公的に進めて参りました。

CBDには、不安、葛藤、痛み、痒み、てんかんなど多くの慢性的不調の調節機能があると言われており、これまでの本学の研究においてもその可能性を強く感じて参りました。

当初より持ち続けております、「CBDの研究を通じて、動物たちの生存期間を延ばすことはもちろん、生きている間のQuality of Lifeを高く保ち、飼い主様と共に豊かな社会活動を営めるように」という目標に向かって、国内獣医療分野でCBDを広めることへの強い使命を感じております。

本会は、主に海外からの最新情報を会員の先生方へ定期的に紹介しつつ、CBDに関する統一概念を発展させられる情報共有の場を提供できる会としても発展させて行きたいと思っております。

CBDの体内での多様な働きがそれぞれの不調を整える可能性を考えた時、多様な症例への使用例をすべて受け入れ、纏め上げ、また外部へ発信できるような場になれれば、会として社会的貢献も果たせると考えております。

今後はCBDの使用用量、使用方法など、研究会の先生方のクライアントでの使用経過を蓄積し、包括的かつ適切な知識を持って、国内の動物たちに普及出来るよう、活動を開始させていただく所存です。

是非、この研究会の発展のため、お力添えいただきたく存じます。

ヤマザキ動物看護大学 獣医師 博士(獣医学)
茂木 千恵


【運営】株式会社たかくら新産業 代表取締役
高倉 健

動物医療におけるCBDについては、まだまだ日本では知られていません。

しかし、CBD先進国であるアメリカやオーストラリア等ではすでに動物のクオリティオブライフをあげるものとしての認識は広く、マーケットも拡大しています。当社ではMary's Tailsとtreatiblesの全米トップ2のCBDブランドの商品を通じて、不調に苦しむ動物たちのQOLを上げるお手伝いができればと考えております。

同時に、CBDについての正しい理解やより効果的な使い方を、このCBD研究会を通じて、獣医の先生方やペットに関わる専門職の方々に広げていきたい所存です。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

【運営】株式会社たかくら新産業 代表取締役
高倉 健

獣医師等専門家向け情報はこちら

アニマルCBD研究会は、動物におけるCBD(カンナビジオール)の可能性を動物医療的に研究し、情報共有を行う、獣医師等動物医療従事者やペットに関わる専門職の方のための研究会です。会費は無料です。研究会会員になると、メンバーページにて

  • 獣医療プロフェッショナル向けCBDガイド
  • CBDに関する国内外の論文・抄録
  • 獣医療プロフェッショナル向け商品ガイド
  • 症例モニターの募集
  • 会員価格での商品購入

など、様々なCBDをつかった獣医療に関する詳細な情報をご覧いただけます。

※すでに会員登録された方のみアクセスできます