文献レビュー

2020.6.23 火曜日

【文献レビュー】犬に対するCBDの炎症性サイトカイン産生抑制による疼痛軽減

 犬に対するCBDの炎症性サイトカイン産生抑制による疼痛軽減が報告されましたのでご紹介します。この論文では、CBDを関節炎の犬に投与し、用量依存的に疼痛を有意に減少させ、可動性を増加させたこと、さらにはマウスモデルでLPS投与後のIL-6産…


2020.6.12 金曜日

【文献レビュー】CBDは抗生物質の潜在的な「ヘルパー」化合物

https://doi.org/10.1038/s41598-020-60952-0 2020年3月5日公開 南デンマーク大学の研究者らは、抗生物質をカンナビジオール(CBD)と組み合わせて使用すると、抗生物質の有効性を高め黄色ブドウ球菌に…


2020.6.1 月曜日

【文献レビュー】健康な犬におけるカンナビノイド投与量の増加の安全性に関する予備調査

https://doi.org/10.3389/fvets.2020.00051 Front. Vet. Sci., 公開:2020年2月 ハイライト 目的 CBD、THC、またはCBDおよびTHC(1.5:1)含む3つのヘンプオイル製剤と…


獣医師等専門家向け情報はこちら

アニマルCBD研究会は、動物におけるCBD(カンナビジオール)の可能性を動物医療的に研究し、情報共有を行う、獣医師等動物医療従事者やペットに関わる専門職の方のための研究会です。会費は無料です。研究会会員になると、メンバーページにて

  • 獣医療プロフェッショナル向けCBDガイド
  • CBDに関する国内外の論文・抄録
  • 獣医療プロフェッショナル向け商品ガイド
  • 症例モニターの募集
  • 会員価格での商品購入

など、様々なCBDをつかった獣医療に関する詳細な情報をご覧いただけます。

※すでに会員登録された方のみアクセスできます