使用症例

  • 他社CBD製品で同様の結果が得られる保証はありません
  • 類似した症状の個体に同様の結果が得られるとは限りません
動物種 品種 体重 性別 年齢 症状1 症状2 所見 使用商品
スタート*
使用商品
途中経過1
使用商品
途中経過2
使用商品
最終
評価 詳細
イヌ トイプードル 3.5kg 避妊メス 5才 アトピー性皮膚炎 攻撃行動 アトピー性皮膚炎・自己主張性攻撃行動 Mary's ヘンプオイル300mgCBD かなりの改善
イヌ シーズー 4.4kg 去勢オス 4才 アトピー性皮膚炎 アトピー性皮膚炎 Treatibles ヘンプオイル90mgCBD かなりの改善
イヌ 柴犬 去勢オス 14才3ヶ月 アトピー性皮膚炎 不安症 アレルギー性皮膚炎/変形性脊椎症/不安症 Treatibles ハードチュウ 小型犬用 かなりの改善
イヌ プードル 3.85kg 避妊メス 3才 てんかん てんかん様発作(MRI) Mary's ヘンプオイル300mgCBD 顕著な改善
イヌ ラブラドール 33kg 去勢オス 2才 てんかん てんかん様発作 Treatibles ハードチュウ 中~大型犬用 かなりの改善
イヌ ボーダーコリー 21.8kg 去勢オス 4才 てんかん 水頭症性てんかん発作 Treatibles ハードチュウ 中~大型犬用 かなりの改善
イヌ レークランドテリア 5.1kg 去勢オス 2才 てんかん 特発性てんかん Mary's ヘンプオイル300mgCBD かなりの改善
イヌ Mダックス 去勢オス 19才 てんかん てんかん Mary's ヘンプオイル300mgCBD かなりの改善
イヌ トイ・プードル 去勢オス 5才 不安症 てんかん 不安症/てんかん様発作 Treatibles ハードチュウ 小型犬用 変化なし
イヌ ラブラドールレトリバー 26.5kg メス 13才 外傷 低温火傷 Treatibles ヘンプクリーム240mgCBD 顕著な改善 詳細情報
イヌ プードル 3kg 避妊メス 15才 外傷 疼痛 靭帯断裂・疼痛による破行 Mary's ヘンプオイル300mgCBD 顕著な改善
イヌ プードル 2.9kg 去勢オス 12才 外傷 膝蓋骨脱臼・靭帯断裂による破行 Mary's ヘンプオイル300mgCBD かなりの改善
ネコ 雑種 避妊メス 3才 心因性疾患 脱毛症 心因性脱毛症 Treatibles ソフトチュウ 犬用 顕著な改善
イヌ プードル 4kg 去勢オス 10才 攻撃行動 葛藤行動 尾追い・自己主張性攻撃行動 Treatibles ハードチュウ 小型犬用 顕著な改善
イヌ 柴犬  8kg 避妊メス 2才 攻撃行動 葛藤行動 尾追い・自己主張性攻撃行動 Treatibles ハードチュウ 小型犬用 顕著な改善
ネコ 雑種 避妊メス 2才 攻撃行動 同種間攻撃行動 Mary's ヘンプオイル300mgCBD 顕著な改善
ネコ 雑種 7.3kg 去勢オス 8才 攻撃行動 防御性攻撃行動 Treatibles ソフトチュウ 犬用 Treatibles ソフトチュウ 犬用 顕著な改善
イヌ シーリーハムテリア 8.7kg 去勢オス 2才 攻撃行動 恐怖性・自己主張性攻撃行動 Treatibles ハードチュウ 中~大型犬用 Treatibles ハードチュウ 中~大型犬用 かなりの改善
イヌ プードル(譲渡犬) 5kg 避妊メス 6才 攻撃行動 疼痛 恐怖、疼痛・自己主張性攻撃行動 Treatibles ハードチュウ 小型犬用 わずかな改善
イヌ スコッチテリア 避妊メス 1才 攻撃行動 同種間攻撃行動 Mary's ヘンプオイル300mgCBD わずかな改善
イヌ フォックステリア 8kg 避妊メス 13才 疼痛 アトピー性皮膚炎 疼痛、アトピー性皮膚炎 Mary's ヘンプスキンジェルペン50mgCBD Mary's ヘンプスキンジェルペン50mgCBD Mary's ヘンプスキンジェルペン50mgCBD Mary's ヘンプスキンジェルペン50mgCBD 顕著な改善 詳細情報
イヌ ダックス 6kg 避妊メス 14才 疼痛 攻撃行動 疼痛性攻撃行動 Treatibles ハードチュウ 小型犬用 顕著な改善
イヌ 雑種  8.8kg 避妊メス 14才 疼痛 背部疼痛 Mary's ヘンプスキンジェルペン50mgCBD Mary's ヘンプスキンジェルペン50mgCBD かなりの改善
ネコ 長毛雑種 去勢オス 6才6ヶ月 皮膚疾患 疼痛 過敏性皮膚疾患/原因不明の知覚過敏あるいは疼痛 Mary's ヘンプスキンジェルペン50mgCBD かなりの改善
イヌ Sプードル 20kg 去勢オス 14才 終末期リリーフ 終末期リリーフ Mary's ヘンプスキンジェルペン50mgCBD わずかな改善
*(変更なければ最終)

さらに詳しく

獣医師等専門家向け情報はこちら

アニマルCBD研究会は、動物におけるCBD(カンナビジオール)の可能性を動物医療的に研究し、情報共有を行う、獣医師等動物医療従事者やペットに関わる専門職の方のための研究会です。会費は無料です。研究会会員になると、メンバーページにて

  • 獣医療プロフェッショナル向けCBDガイド
  • CBDに関する国内外の論文・抄録
  • 獣医療プロフェッショナル向け商品ガイド
  • 症例モニターの募集
  • 会員価格での商品購入

など、様々なCBDをつかった獣医療に関する詳細な情報をご覧いただけます。

※すでに会員登録された方のみアクセスできます